作業療法士の資格と仕事

集中できにくかったり、落ち込んだり、怪我をしてしまい、うまく身体の一部が動かせなくなってしまった時に、趣味などに打ち込み、知らず知らずの間に具合が良くなっていた、などの経験をしたことはありますか?

何かをすることを通じて、身体がうまく機能する、心が上向きになることは私たちの日常でよくあることです。
好きなことをするためには、少々どこかが痛くても平気、という人も多いでしょう。
医学の分野でも、自分に合った作業を通じて身体の機能を回復させ、そして心のケアをするという療法があります。

これは、作業療法と言われます。
この作業療法を円滑、そして効果的に行えるように医学的見地からサポートしてくれるのが作業療法士です。

事故や、病気で日常生活を営むのに支障が出てしまった時、基本的な立つ・座る・歩くなどの動作を自由にできるまでリハビリテーションをすることは、とても大切になります。
作業療法は、これらの動作を日常生活の中で円滑に行えるようにすることを目指します。

作業療法では作業活動を通じて、リハビリテーションを促進・援助・補助します。
作業活動は、日常生活の全ての動作、活動、遊びのことを指します。
したがって、トイレに行くことから食器を洗うなどの多くの人の日常生活に密着した事柄が含まれます。

また、ゲームや手芸など趣味の領域も含まれます。
陶芸や刺繍、スポーツや散歩など、その個人にあった作業を選び促進、援助します。
歩く・立つ・座るなどの人の基本的な活動をサポートするだけでなく、その人らしさを尊重して作業を選びサポートしてゆくことで、身体的機能だけではなく心の内側もケアもするというのが作業療法です。

作業療法士は、これらの作業療法の手段を活用して、その人のリハビリテーションをサポートしてゆくという医療資格を持った職業の人を指します。
病院やリハビリセンター、介護施設や学校など多岐に渡った場所にそのニーズがあります。
作業療法士になるには大学や短大、専門学校で3年から4年の修学期間を経て、国家資格を取得する必要があります。
また、陶芸や絵を描くことなど、趣味に関する作業内容も多くあり、作業療法士自身の趣味も実際に活用できるという特徴もあります。

ここでは、作業療法士に関しての資格取得や仕事内容などを紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

作業療法士とは

作業療法士になるには

  • 作業療法士学校…受験資格を得るには、まず2つのルートが考えられます。
  • 国家資格…作業療法士は国家資格であり試験日程は年1回、毎年3月上旬頃に行われます。
  • 就職…資格を取った後の就職率は、ほぼ100パーセントです。
  • 職種…就職先で一番多いのは、医療施設です
  • 仕事の探し方…高齢者なのか子供に行いたいのかなど明確な希望を持って就職先を探すことが大切です

作業療法の対象

作業療法の種類

作業療法の目的

  • 基本能力…基本能力、応用能力、社会生活適応能力について。
  • 応用能力…応用能力を維持、改善することについて。
  • 社会生活適応能力…社会に復帰する上で重要なことの一つは外出です。

作業療法の歴史

  • 日本での歴史…1965年「理学療法士及び作業療法士法」が制定され、作業療法という専門職が誕生。
  • 海外での歴史…紀元前2000年の古代エジプト時代まで遡ることができます。

リハビリテーションについて

  • 理学療法…病気や怪我によって何らかの障害が生じた人に対して施されます。
  • 言語療法…言葉に関する障害を助ける言語聴覚士について。
  • 職業リハビリテーション…社会参加、経済自立を助けるために行うリハビリテーションのこと。
  • 精神科リハビリテーション…精神病による障害のために日常生活の中で困難がある人に対して行われるリハビリ。

障害のある人の生活に関して

このページの先頭へ