作業療法士の就職について

近年、日本国民の高齢化、そして心の病の人の増加など、リハビリテーションを必要とする人口は増加しています。
作業療法士は、幅広い領域で活躍できる国家資格・医療資格であり、将来性のある職種と言えるでしょう。

資格を取った後の作業療法士の就職率は、ほぼ100パーセントです。

しかし、就職した後に仕事内容が希望と合わずに職場を変わる場合も多くあります。
国家資格ですので、さまざまな機関から自分に合った職場を見つけられるのも強みです。

就職先を探す場合には、多岐に渡る就職先の専門分野と自分の希望を照らし合わせながら就職活動をしましょう。
医療、保健、福祉、教育、職業領域と幅広い分野で仕事があります。

介護施設に職を求める場合には、主に高齢者の方が患者となりますし、教育施設の場合には子供に接することが多くなります。
就職先を見つける場合には、自分の希望を明確に持つことが、仕事に対するのちのちの不満を減らすことになるでしょう。

就職先としては、医療機関、介護施設、福祉施設などでの需要が大部分を占めます。
特に最近では、教育施設、また各企業などでの求人も多くなりつつあります。
自分が専門として扱いたい分野を自分で選択し、専門性を培うことも比較的容易であると言えます。

国家資格ですので、産休や退職したのちにも職場復帰がしやすいという特徴もあります。
正職員としての復帰や、非常勤就業の就業形態も多く、作業療法士の仕事の定着率は高くなっています。

作業療法士とは

作業療法士になるには

作業療法の対象

作業療法の種類

作業療法の目的

作業療法の歴史

リハビリテーションについて

障害のある人の生活に関して

このページの先頭へ