作業療法士学校

障害があり、日常生活を送ることが困難な人に対して、作業を通じてリハビリテーションを行うのが作業療法です。
その作業療法を遂行し、訓練などの指導を行うのが作業療法士です。
作業療法士は国家資格であり、作業療法士になるには、この国家資格を取得しなければなりません。

受験資格を得るには、まず2つのルートが考えられます。

まず、高校卒業後に3年制の医療技術短期大学または専門学校に進学し、そこを卒業するというルートがひとつ。

もう一つは、高校卒業後に4年制の大学または専門学校に進学し、卒業するというルートです。

3年制か4年制の大学、または専門学校を卒業することで、国家試験の受験資格が得られます。

大学、または専門学校では講習や実習を通して作業療法士に必要な知識と技術を学びます。
臨床実習では、病院や施設で実際に患者の治療を体験します。
陶芸や刺繍などの技術も学ぶことができます。
そのほか、解剖学などの医学知識や身体障害評価学、精神障害評価学などの評価・治療法について、また在宅での作業療法の仕方などを学習します。
そして、海外研修や短期・長期の臨床実習において現場に入り、実践力を養います。

在学期間中から、作業療法士になる希望を持ち高校から大学、専門学校に進学する場合も多くありますが、他の職業を経験してから作業療法士を目指すケースも多くあります。
看護師や、鍼灸整体師、理学療法士などの職業を経験してから、新たに作業療法士の学校に入って資格を取り、活躍している人も少なくありません。

作業療法士とは

作業療法士になるには

作業療法の対象

作業療法の種類

作業療法の目的

作業療法の歴史

リハビリテーションについて

障害のある人の生活に関して

このページの先頭へ