作業療法士の仕事の探し方

作業療法士の仕事場は、医療施設や介護老人保健施設、身体障害者福祉施設、精神障害福祉施設、地域の訪問介護センター、保健所、訪問リハビリテーションなど多岐に渡ります。
自分が就職したい分野、医療現場であるか、介護に重点をおきたいのか、もしくは身体障害者のケアをしたいのかなど、明確な希望を持って就職先を探すことが大切です。

また、高齢の人に対するリハビリテーションを行いたいのか、子供に対して行いたいのかなど、自分の興味と専門にしたいものを考える必要があります。

実際に仕事を探す場合には、いくつかの方法があります。
ハローワーク、人材派遣、知り合いの紹介、求人情報サイト、新聞や雑誌の求人広告、各会社のホームページの求人などです。

ハローワークで求人を探す場合には、地元に就職したい場合には有利と言われます。
比較的高年齢の募集もハローワークでは受け付けているので、転職の場合には有利になります。

人材派遣なども近年、使用されるのが多い求人方法です。
自分の情報や希望条件を登録しておくと、自分の条件にあった職を紹介してくれます。
知り合いの紹介は、一番理想的な就職の形と言えるでしょう。
紹介してくれる人は、既に双方を知っているはずですので、就職したが希望と違ったなどのトラブルが少なくなります。

また、求人情報サイトも最近では非常に増えています。
医療系の求人情報を専門としたサイトもあり、現在では一番の主流となっている就職方法でしょう。

作業療法士とは

作業療法士になるには

作業療法の対象

作業療法の種類

作業療法の目的

作業療法の歴史

リハビリテーションについて

障害のある人の生活に関して

このページの先頭へ