ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインは、英語で「Universal Design」と書きます。

Universalは、普遍的な、全体の、といった意味です。
したがって、ユニバーサルデザインとは、あらゆる人が区別なく使うことができるデザインのことを指します。

このユニバーサルデザインには、7つの原則があります。
1つ目は、まず誰にでも公平に使うことができるものである、ということ。
製品による差別感や屈辱感が出ないように、安全、安心なものを作る原則です。

2つ目は、使う上で自由度が高いこと。
右ききの人も左利きの人でも使えるデザインなどが挙げられます。

3つ目は、使い方が簡単ですぐにわかること。
トイレの絵表示など、言語能力や知識などに頼らず、全ての人が容易に分かるようにすることが挙げられます。

4つ目は、必要な情報がすぐに理解できること。
情報の中でも、特に重要なものに関しては、素材や表示の仕方などを工夫して使う側にすぐに理解できるようにします。

5つ目は、うっかりミスや危険につながらないデザインであること。
地下鉄の二重扉など、危険をできるだけ回避できるように配慮されているものを指します。

6つ目は、無理な姿勢を取ることなく、少ない力でも楽に使用できること。
エレベーターや自動販売機のボタンの位置などで、配慮が見られます。

7つ目は、アクセスしやすいスペースと、大きさの確保。
様々な公共の場所で、車いすの人がアクセスしやすいように、スロープを付けるなどするには、ある程度の大きさが必要になります。

これらの7原則を守ることで、誰にでも使うことができる、ユニバーサルデザインは生み出されています。

作業療法士とは

作業療法士になるには

作業療法の対象

作業療法の種類

作業療法の目的

作業療法の歴史

リハビリテーションについて

障害のある人の生活に関して

このページの先頭へ