職業リハビリテーション

職業リハビリテーションとは、病気やけがで障害を負い、職業に就くのが困難になった人に、社会参加、経済自立を助けるために行うリハビリテーションのことを言います。
具体的には、職業指導、職業訓練、職業紹介などを行います。
これらは障害者雇用促進法に定められています。

職業リハビリテーションを受けるのは、障害者手帳を持っている障害者の人の他にも、精神的障害、身体的障害、知的障害などを持つ人です。
職業に就いた後も、維持のために福祉的サービスも受けることができます。

職業リハビリテーションでは、まず計画を立てます。
リハビリテーションを受ける本人がどのような希望を持ち、どの程度の就労意欲があるのかをカウンセリングによって聞きます。

そして、個人が持つ能力や興味、専門的な職業知識などを把握します。
これらの情報をもとに就職につなげるためにはどのような準備、訓練をすればよいのかを具体的に考えていきます。
具体的には、障害の状況、身体的側面、社会的側面、職業的側面、精神的側面などを分析し、関係者との会議を重ねて計画を立てます。

職業リハビリテーションを受ける場合、未成年者の場合には保護者同伴での面談が基本となります。
また、知的障害がある場合には保護者同伴が重要になります。
聴覚障害がある場合には手話や筆談での面談を行います。

職業訓練のためには、心身障害者職業センターや国立職業リハビリテーションセンターなどで訓練を受けることが可能。
障害によってこのような施設への通い方は異なりますが、多くは地域のハローワークなどを通しての入所になります。

作業療法士とは

作業療法士になるには

作業療法の対象

作業療法の種類

作業療法の目的

作業療法の歴史

リハビリテーションについて

障害のある人の生活に関して

このページの先頭へ