精神科リハビリテーション

精神科リハビリテーションは、精神病による障害のために日常生活の中で困難がある人に対して、その困難を改善するために行われるリハビリテーションです。
このリハビリテーションを行うのは、精神保健福祉士といわれる職業の人です。

精神保健福祉士は、PSW(Psychiatric Social Worker)とも呼ばれています。
この精神保健福祉士は、1997年に国家資格となりました。

PSWは精神科ソーシャルワーカーとして、1950年代から医療機関での医療チームの一員として専門職として用いられてきました。
日本は先進国の中でも、心の問題を抱えた人たちに対するケアが遅れた国です。

近年まで、心の問題を抱えた人々の社会復帰や、リハビリテーションに対する法的な整備は確立しませんでした。
しかし、現代の日本は高ストレス社会といわれる中、心の問題を抱える人々の援助はその重要性を増しています。
関係法も制定され、精神保健福祉士の仕事の重要性が認知されてきています。

精神保健福祉士は医療、保険、福祉にまたがる領域で活動しています。
その職場も多岐に渡ります。

医療機関では、精神科病院、総合病院の精神科に籍を置き、医者や看護師と共にチームを作りリハビリテーションを行います。
治療を行うのではなく、精神障害者の生活を支援する立場にあり、医療と地域生活の橋渡しをする役目を担います。

また、小規模作業所や、ケアホーム、地域活動支援センターなどで日常生活支援のために生活の中の基本動作を共に行い、助言をしたりします。
さらに、地域生活支援のために面談などで日常生活を具体的なケアを行います。
その他、福祉施設などでも精神保健福祉士は活動します。

近年では司法施設、教育機関、一般企業などにも活躍場を広げているのです。

作業療法士とは

作業療法士になるには

作業療法の対象

作業療法の種類

作業療法の目的

作業療法の歴史

リハビリテーションについて

障害のある人の生活に関して

このページの先頭へ